今日の子どもたち

 


小6生を送る会を行いました。

最初に、下級生や中学部生徒などの在校生から、小学部6年生に一言ずつ言葉を送りました。

そして、学級ごとに、今までのお礼や卒業のお祝いの出し物を発表しました。

最後に、5・6年生が合同で、お礼の出し物をしました。

たくさん笑って楽しんで、みんなの思い出に残る集会となりました。

 

 



 

 

 

3月13日(水)に、卒業証書授与式を行いました。

今年度の卒業生は一人でしたが、堂々とした立派な態度で証書を受け取ったり、答辞を述べたりしました。

在校生の小学部生と中学部生は、卒業生のために心を込めて送辞を述べました。

在校生卒業生、全員での合唱「旅立ちの日に」は、美しい歌声が会場に列席した方々の心に響きました。

卒業生は、4月から日本の中学校に進学しますが、遠いパナマから、みんなで応援しています!



 

 


卒業式の次の日に、修了式を行いました。

まず最初に小学部1年生と4年生の児童が、3学期の思い出と進級への希望をスピーチしました。

そして、校長先生から全校児童生徒一人一人に、修了証が手渡されました。

校長先生からは、「仲間とともに 輝く未来へ」というキャッチフレーズの下、1年間を振り返ってのお話をいただきました。

今年度1年間の学びを、4月から新年度の学校生活に生かしていきましょう。





 

修了式の後、今年度で帰国される先生方の離任式を行いました。

直接授業を受けたり、学級担任としてお世話になったりした児童生徒が、全校を代表して、お礼の言葉を述べました。

これまでに先生方から学んだことをしっかりと心に刻んで、これからの成長につなげていきましょう。